酵素ドリンクの効き目を最短で出したい

私が節約しなければと危機感に陥ったのは結婚して出産して専業主婦になってからでした。今までは二人で働いて二人分のお給料を貰っていたものが、一人分に減ってしまうのですからこれはまずいと思いました。

 

まず始めたのは家中のコンセントを抜きまくって待機電力カットを目指しました。それまでは色々なコンセントがささりっぱなしで主人もまた電化製品を使ったらそのままの状態が多い人なので私が口うるさく抜くように言いました。これで電気料金がどれ位変わるのかは分かりませんが、まずは出来ることからと実践しました。

 

次に携帯電話のプランを見直しました。我が家はどうも面倒くさがりで一度携帯電話を契約するとずーっとそのままのプランで次に機種変更なんかをするまでプランの見直しなんかをする事がなかったのです。初めてプランの見直しをしてびっくりした事があります。それはどんどんとお得なプランが増えてきていると言う事。

 

自分で調べることもせず、店舗へ行くことも無いのでそんな情報が全く分からなかったのです。プランを見直してからもう何年も損をしていたよねと結果が出る訳です。携帯電話のプラン見直しはたまにするべきだと思いました。

 

あとはどうしても休日なんかに外食が多くなってしまうので、それを少し我慢することも大事だなと思いました。自分自身が意識していかないと節約は絶対に出来ないので頑張ろうと思います。

続きを読む≫ 2014/06/15 04:00:15

少し前からお尻のたるみが気になり、ダイエットを開始しました。お尻のたるみの対策として食事制限などを考えていたのですが、実は筋力の低下が原因と聞き、食事制限ではなくマッサージや筋力トレーニングを中心にダイエット内容を決めました。

 

私のダイエット内容はまず、朝にストレッチをして体の巡りをよくすることからはじまります。そして体型を補正するガードルを毎日着用し、必要以上にお尻がたるまないように注意します。肝心なのは夜です。まず入浴してお尻の肉をよくもみほぐします。

 

その後四つん這いになり、脚を片足ずつ交互に上にあげます。これを約40回ほど2か月続けた結果、お尻のたるみがほとんどなくなりました。そのほか、たるみは体内の余分な水分量にも関係してくるので、カリウムが入った青汁を多く摂取するようにしました。

 

食物としてはグレープフルーツやキウイなどの果物も毎朝摂取することで体内の水分バランスを保つように注意していました。お尻のたるみは年齢とともに悪化していきますから、たるみが気になり始めたその時からではなく、たるんでいないときからダイエットを開始することが重要です。

続きを読む≫ 2014/06/15 03:55:15